情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年2月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【GTI Clubsport】Discover Proで無線LANオーディオ!?
180218- WLAN-06.jpg純正ナビ「Discover Pro」のオーディオネタ、続投です。今回は無線LANを使って音楽を再生してみました。

前回のブログでは、SDカードに収めたハイレゾ音源をDiscover Proで再生する話を書きました。愛車で聞くなら、SDカードを挿しっぱなしにしておけばいいのですが、私のようにいろいろなクルマに乗り換える場合は、スマホ(私の場合はiPhone)が使えると何かと便利です。

ただ、iPhoneに標準の「ミュージック」アプリは、ハイレゾ音源としてポピュラーなファイルフォーマット「FLAC」に対応していないため、再生には他の対応アプリが必要です。たとえば、「VOX」というアプリならCarPlayに対応していて、Discover Proのタッチパネルで操作することも可能です。

しかし、iPhoneをDiscover ProにUSB接続すると、Discover Proに送られる時点でサンプリング周波数が44.1kHzのデジタル信号に変換されてしまうようで、せっかく96kHzや192kHzのハイレゾ音源を用意したのにちょっと不満(笑)

デジタル信号を劣化せずに伝えるのに何か良い方法はないのか? そこで目を付けたのが、比較的新しいDiscover Proに搭載されている「無線LAN(Wi-Fi)オーディオ」機能でした。

Discover Proの「Media」を起動し、ソース選択メニューを表示させたときに、「WLAN」が表示されれば、無線LAN(Wi-Fi)オーディオ機能が使用できます。

180218-WLAN-02.jpg
iPhoneをDiscover Proに接続するには、モバイルホットスポットをオンにして、Wi-Fi接続します。

180218-WLAN-01.jpg
iPhone側では「UPnPサーバーアプリ」とか「DLNAサーバーアプリ」と呼ばれるものを用意。私の場合は「ArkMC Pro」をインストールし、このアプリにあらかじめハイレゾ音源を転送しておきます。そしてアプリを起動すれば、いきなり音楽再生がスタートしました!

180218-WLAN-04.jpg
Discover Proの画面から曲の選択も可能ですし、マルチファンクションステアリングから操作することもできます。標準の「ミュージック」アプリの音楽が利用できるのも便利です。

ただ、ミュージックアプリ内の曲の中には、一部、認識しないものもありました。そのうえ、このArkMC Proはバックグラウンドで使用できません(常にこのアプリを立ち上げた状態にしておく必要があります)。バックグラウンドでの利用は将来サポートされるということですが、いつのことやら......。これに代わる"使える"DLNAサーバーアプリはないでしょうか?

180218-WLAN-03.jpg
それはさておき、無線LANオーディオはBluetoothより明らかに良い音質でしたが、USBによる有線接続に比べてどれだけ音質が変わるかは、正直なところよくわかりません(笑) 「こんなこともできますよ!」ということで紹介してみました。

ちなみに、ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディションに装着されているDiscover Proでは、無線LANオーディオ機能が公式にはサポートされていませんので、念のため(笑)

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/4009

■ 関連記事