情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年1月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【GTI Clubsport】cpmのボディ強化がSTAGE 2へ
180131-cpm-3.jpgゴルフGTIクラブスポーツに、ボディ補強の定番「cpm」のSTAGE 2を施しました!



以前レポートしましたが、ゴルフGTIクラブスポーツの購入後すぐに、cpmのSTAGE 1を施しました。

このSTAGE 1では、LowerReinforcement、すなわち、アルミのプレートとアルミの中空パイプをフロア下に装着。これにより、ボディのしっかり感が明らかに向上し、ハンドリングにも良い影響を与えているのは、すでに報告したとおりです。

さらなる進化を求めて、STAGE 2へステップアップ。下の写真の「Front Member Brace」を追加しました。これにより、フロントの接地性を増すのが目的です。

Front Member Braceはアルミの中空パイプですが、その硬さが味噌なのだとか。硬さが足りないと効果が少ないですし、硬すぎるとバタついたり、乗り心地が悪化してしまうとのこと。ほどよい硬さの見極めが難しいんですね。

180131-cpm-2.jpg
Front Member Braceは、LowerReinforcementのさらに手前、フロントのサブフレームを固定しているボルトを利用して装着します。そのため、LowerReinforcement同様、ボディ側の加工は一切不要です。これはうれしい!

作業はいつものmaniacsSTADIUMで行いました。さすが熊澤メカ、手慣れたものです(笑)

180131-cpm-1.jpg
下の写真はFront Member Braceを装着したところ。奥にぼんやり見えるのがLowerReinforcementのアルミプレート。写真には写っていませんが、さらに奥にはLowerReinforcementのアルミ中空パイプがあります。この3本でSTAGE 2が完成です!

180131-cpm-4.jpg
さっそく走り出すと、フロントの落ち着きが以前よりも明らかに増している印象です。フロントタイヤの接地感も上がり、なんだかFFから4WD(4MOTION)のクルマに乗り換えたようです。

ボディのフロント部分を補強したことで、ステアリングホイールを通して路面の荒れが多少伝わってきますが、乗り心地に悪影響を与えないのがcpmの良いところです。

高速道路では直進性がアップし、ステアリングの落ち着き具合もさらに良くなりました。ハンドリングもより軽快になっているはずですが、現在装着しているのがオールシーズンタイヤなので、そのあたりについてはサマータイヤに履き替えてから、しかるべき場所であらためてチェックしたいと思います。

180131-cpm-5.jpg
(Text by S.Ubukata)

■関連リンク
cpm
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3991

■ 関連記事