情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年12月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【GTI Clubsport】あらためて運転してみると
171205-GTI CS2-4.jpg以前、取材用の広報車を試乗したことはあるのですが、あらためて愛車のゴルフGTI CSを運転してみると、こんな感じでした。

私が購入したのは、セミバケットシートの代わりに専用スポーツシートが装着された「ストリートエディション」。ゴルフGTIとほぼ同じ形状だけに普通に乗り降りできますし、座り心地も快適です。心なしか、腰のあたりのサポートがGTI用よりも良いような(笑)

センターアームレストやスマートエントリー&スタートシステム"Keyless Access"が付いているのもうれしいところです。
  
171205-GTI CS2-6.jpg
ステアリングホイールはアルカンターラ巻き。センターの赤いマークがちょっと気恥ずかしいですが、冬場に限れば握ったときに冷たくないし、握り心地もいい。

ただ、すでに表面が白っぽくなっているくらいですから、あと1年もしないうちに表面がテカテカになりそう。暖かくなれば手汗もかきますし......。

とりあえずブラッシングしたらすごいホコリが! 劣化を抑えるために、メインテナンスを心がけないと......。

171205-GTI CS2-7.jpg
走り出して再確認できたのが、十分快適な乗り心地が確保されていること。街乗りも全然ツラくありません。それと、ブレーキの効きが良い! GTIパフォーマンスと同じブレーキが装着されていると思われますが、265psのハイパワーに十分対応できる制動力の持ち主です。

そのぶん、ブレーキダストが多く、すぐにホイールが真っ黒になるのは困りものです。

171205-GTI CS2-3.jpg
2.0 TSIエンジンは低回転からトルクがあり、アクセルペダルを踏み込むと、威勢良く加速していきます。このエンジンのハイライトのひとつに"ブースト機能"があります。これは、ある条件下で10秒間だけパワーとトルクがアップするというものです。

試乗車をドライブしたときには気づかなかったのですが、ストリートエディションではDiscover Proにブースト圧やパワーを確認できる「パフォーマンスモニター」機能が備わっていて、リアルタイムで数値を確認することが可能でした。

チェックしてみると、通常時のブースト圧は最大1.0bar(表示から1を引いています)ですが、"ブースト機能"が働いたときには1.2barに跳ね上がります。残念ながらパワー計のフルスケールが195kW(265ps)なので、ブースト時に213kW(290ps)出ているかどうかは不明です(笑)

171205-GTI CS2-9.jpg
それはさておき、高速走行時の安定感が実に高いことをあらためて実感しました。専用のフロントバンパーやリヤスポイラー、リヤディフューザーといったアイテムが効いているのでしょうか?

171205-GTI CS2-1.jpg
とにかく、運転が楽しいゴルフGTI CS。今後、ワインディングロードやサーキットに足を運ぶ機会が増えそうです。

171205-GTI CS2-2.jpg
(Text & Photos by S.Ubukata)

■ 関連記事