情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年9月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【ハリー&バリー】第37回ドライビングレッスン参加の巻
IMG_7344.jpg先日行われた「8speed.net/1to8.net Driving Lesson」に参加してきました!




170906-Harry-1.jpg
前回の記事でも予告しておりましたが、先日富士スピードウェイにて行われた「8speed.net/1to8.net Driving Lesson in FSW」にバリー君とともに参加をしてきました。久しぶりにバリー君と楽しい運転ができましたので、今回はその参加レポートをお送りいたします。

170906-Harry-17.jpg
舞台は富士スピードウェイのジムカーナコース。スタートは朝の9時でしたので1時間くらい前に着けば余裕かな......なんて思って到着したら、すでにほとんどの参加の方がいらっしゃるではありませんか!

170906-Harry-9.jpg
170906-Harry-10.jpg
多くがフォルクスワーゲンゴルフ7と、アウディS3で、GTIやRなどのスポーツモデルに混じってバリー君と同じく1.4TSIエンジンの車種もいたりといった感じでしょうか。ドライビングレッスンと聞くとスポーツモデルの車でないとダメじゃないか、と思うかもしれませんがもちろんまったく問題なし。バリー君、いや1.4TSIエンジンの実力を見せつけてやろうと思いながら受付をしました(笑)

170907-Lesson-2.jpg
今回の講師はモータージャーナリストの「齋藤 聡」さん。実はお会いするのは2回目だったりしますが、今回は少人数でしっかりと教えてくださるので楽しみです。こんな風に直接ご指導いただける貴重な機会ですので気合いが入ります。

170906-Harry-6.jpg
最初のレッスンの内容は「車の動き」を知ることがメインでした。急加速して急制動したとき、どれくらいブレーキを踏まなければ止まらないのか。ABSが作動するとどんな感覚なのか。さらに、障害物を回避する方法。さらにカラーコーンを置いてスラローム走行をして、どんな風に車が動くのか。などなど。

いわゆる運転の基本内容なのかもしれませんが、ふだん体験できないことを、こういった場所では思う存分体験することができるのは、良いことですよね! いざ一般道でこうした自体に出くわした際に、非常に役に立つ内容だと思いました。

170906-Harry-16.jpg
170906-Harry-2.jpg
早速バリー君をスポーツモードに切り替えて......ギアをSにして......いざ急発進! そして急ブレーキ! そしてスラローム走行!

当日は路面コンディションがウェットでしたので、気合を入れすぎると大変なことになると、齋藤先生より言われておりましたので、気持ち早めに急ブレーキをしたり、スラローム走行でスピードを上げすぎないようにしたのですが、ここであることに気づきました。「ある程度ちゃんとコントロールできる」と。

170906-Harry-4.jpg
自画自賛かと思うかもしれませんが、あとで考えてみると2つのことに助けられていることがわかりました。まずは横滑り防止機能であるESC機能。ウェットな路面であってもしっかりと車が曲がります。見えないところで助けられているのですね!

170906-Harry-5.jpg
もう一つはタイヤ。ウェットな路面でもしっかりとグリップしてくれていました。いくらESCが効いたとしてもグリップ力が低いと本領発揮してくれません。しかし私バリー君のタイヤ「ContiSportContact5」が良いグリップ力を出してくれていました。私ハリーは決して運転の上手いわけではないのですが、こうしたものに助けてもらって、しっかり車がどう動くのかレッスンを通して体感できました。


次に急カーブを擬似的につくって、スピードを出して曲がりスピンを回避するということを行いました。ゴルフGTIやR、アウディS3などはESCを完全にOFFにすることで、実際にカウンターステアをする走行ができます。残念ながらバリー君を始め1.4TSIモデルなどノーマルモデルはASR(トラクションコントロール)をOFFにできるだけで、ESCは生きたままになります。プチ体験といった感じでしたが、どれくらいのスピードでカーブに進入すると車が滑っていくのか、立て直しまでのタイミングやハンドルの動かし方などが良くわかりました。(微妙なスピードやハンドルの切り方によっては、カウンターステアっぽい運転ができました)

170906-Harry-13.jpg
最後に当日練習した内容をまとめるために、特設コースでタイムアタックに挑戦です。もちろん車種によって速い遅いというのはありますので、私ハリー&バリー君は最大限努力しつつ......クリッピングポイントを意識しながら、無駄のない走りをすることとしました。

170906-Harry-7.jpg
練習3回、本番2回という中で緊張しましたが、練習時にはスロー走行してクリッピングポイントとラインの確認、本番は無駄のないコースで頑張りました! 結果は上位3名には入れませんでしたが、1日練習しただけにしっかりコースを走行することができましたので、レッスンで学んだことはしっかりと活かせたかなと!(自己満足です笑)

170907-Lesson-00.jpg
あっという間にドライビングレッスンは終了し、解散。改めて自分の車のコントロールするにあたって、どれくらいブレーキを踏まなければ止まらないか。ハンドルを切ると滑るのか......などなど、多くのことを学ぶことができました。この経験を生かして、より一層安全運転に努めていこうと決意しました!

170906-Harry-20.jpg
こういったドライビングレッスンは、いろんな場所で行われています。愛車がどんな性能を持っているのか確認できますし、自分のドライビングテクニックを磨いてみるという意味でも、皆さんもぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。第2回目の「8speed.net/1to8.net Driving Lesson」があればぜひ!

◎おまけ◎

当日スポーツモデルが多い中、ゴルフRヴァリアントの方が2名いらっしゃいましたので、「チームバリー君」同士で記念写真を撮りました!

170906-Harry-19.jpg
バリー君(ヴァリアント)はなかなかお目にかかれないので貴重な機会でした。いつかヴァリアントオーナーの方々でオフ会なんかやってみたいですね......バリー君1号、2号、3号......が集合! なんちゃって(笑)


(Text & Photos by Harry & H.Uemura)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3888

■ 関連記事