情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【ゴルフGTE】コンフォートタイヤのニューフェイスを試す
170412-CC6-2.jpg新しいタイヤが組み上がったので、履き替えのためいつものmaniacs STADIUMへ。

さて、今回選んだのは......!?

愛車のゴルフGTEに装着したのは、"新しモノ好き"の私が見過ごすわけにはいかなかったコンフォートタイヤのニューフェイス、コンチネンタルタイヤの「ComfortContact CC6」です。

このComfortContact CC6は、コンフォートタイヤの「ContiComfortContact CC5」の後継モデルとして、2017年2月に日本発売されたばかりの新商品。「卓越した静粛性と乗り心地をさらに追求した」(プレスリリースより)のが特徴だそうです。

170412-CC6-22.jpg
注目すべきは、静粛性向上のためにユニークな技術がてんこ盛りなこと。ノイズキャンセリング機能を持つ「ハーモニックコンフォートチャンバー」、ノイズ軽減効果がある「ゼロデシベルイーター」、ノイズ軽減と快適性向上を実現する「ウィスパーコンパウンド」といった技術がこのComfortContact CC6に投入されているのです。

その概要はこちらのニュースをご覧いただくとして、「なんか凄そう」「面白そう」という印象を持つ反面、「本当に効くの?」と思ったのも事実。そこで、実際に装着してその実力を試してみたくなった......というわけです。

しかも、私の愛車であるゴルフGTEは、プラグインハイブリッド車なので、電気モーターだけで走る機会が多く、タイヤのノイズが走行中の静粛性に直接影響してくるのです。ふだんはできるだけ静かで快適なクルマに乗りたいと思う私には、まさに打ってつけのタイヤではないかと、期待は膨らむばかりです。

170412-CC6-25.jpg
ゴルフGTEに履かせたのは、ゴルフには一般的な205/55R16 91Vというサイズ。ゴルフGTEの標準は225/45R17、オプションのDCC付きでは225/40R18ですが、あいにくComfortContact CC6にはこのサイズが用意されていませんでしたが、ドイツ仕様のゴルフGTEには16インチの設定があり、つい先日まで装着していたスタッドレスタイヤが205/55R16だったということで、今回はウインター用のホイールにComfortContact CC6を履かせました。

果たしてどんな印象なのか、ドライブするのが楽しみです。そのインプレッションを近日中にお届けするとともに、「ハーモニックコンフォートチャンバー」、 「ゼロデシベルイーター」、「ウィスパーコンパウンド」というユニークな技術も掘り下げて行きたいと思います。

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3789

■ 関連記事