情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【ゴルフGTE】2017年の走り初めは?
170103-CVC-6.jpg年末年始の休暇も終わり、すでに新年の活動をスタートしている人も多いはず。

私はウォームアップを兼ねて2017年の"走り初め"を......ということで、いつもの雪道をドライブしてきました!

昨年11月下旬、東京に降った雪に焦り、ゴルフGTEにスタッドレスタイヤ「ContiVikingContact 6」を履かせたことはこちらのレポートでお伝えしました。

しかし、東京にかぎればその後は雪の心配はなく、「せっかくスタッドレスタイヤに交換したのに......」と、欲求不満(!?)は募るばかり(笑) そこで、毎年何度か訪れている福島県の裏磐梯へ向かいました。

この日は磐越道の磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原ICの間がチェーン規制! 期待に胸が膨らます(笑) 東京からは常磐道と磐越道を使いました。ContiVikingContact 6は、ドライ路面での安定感に加えて、乗り心地の良さや優れた静粛性は相変わらず。ふだん非降雪地帯で暮らす者にとっては、ありがたい性能です。

磐越道に入ると雪がちらつくようになりますが、路面には雪がありません。そしていよいよチェーン規制の区間に辿りつきますが、サマータイヤでも走れそうなコンディションです。猪苗代磐梯高原ICから裏磐梯に向かう一般道も、ほとんど雪がない状況。例年に比べると明らかに雪が少ないようです。

170103-CVC-2.jpg
さすがにスキー場があるエリアに近づくとスタッドレスタイヤじゃないと走るのは無理......というコンディションに変わります。裏磐梯まで走りにきてよかった!

路面はきれいな圧雪は少なく、表面の雪が融けて下の氷が顔を出しているような状況がほとんどでした。圧雪よりも走りにくいのですが、このContiVikingContact 6は十分なグリップを有しているのに加えて、滑り出しの動きがマイルドなので、落ち着いて運転することができます。ゴルフの持ち味である高い走行安定性とあいまって、長時間、雪道をドライブしても疲れが少ないのがうれしいですね。

170103-CVC-5.jpg
ところで、これは以前も書いたことですが、ゴルフGTEと雪道はとても相性がいいんですよ。ゴルフGTEでは、比較的強い回生ブレーキが得られる「Bレンジ」を選択して走ると、アクセルペダルの微妙な操作でスピードがコントロールできる、いわゆる"ワンペダルドライブ"が可能です。

これを使うと、コーナーの手前や下り坂でほとんどブレーキを踏む必要がなく、アクセルの踏み加減でジワッと減速ができるので、とても走りやすい。下り坂が続く雪山からの帰り道も、楽にドライブできました。

170103-CVC-1.jpg
ということで、無事に雪道のドライブを終え、東北の美味しいものを手に入れて東京に戻りました。

最近は雪道にも慣れ、ドライブが楽しめるようになっただけに、今シーズンもう1回くらいは裏磐梯に行きたいなぁ(笑)

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3741

■ 関連記事