情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2015年12月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

【ハリー&バリー 番外編】東京モーターショーの巻
vw3.jpg11月に盛大に行われた第60回東京モーターショー。私ハリー、おおいに楽しませてもらいましたよ!


2年に1度開催されている東京モーターショー。実は私ハリー、2年前の開催時は1時間ほどしか見ることができず......。今年はしっかり時間を取って見て回ろうと決意。がっつり1日楽しませてもらいましたので、今回はそのレポートをお送りします。

tms1.jpg



入口を通過すると、ブースは東西のホールに分かれています。まずは......やっぱりフォルクスワーゲン! 西へと進みます。

vw1.jpgvw2.jpg

ブースに到着すると人の多さにビックリ! どの車両にもたくさんの人が運転席に座ったり、クルマの特性を聞いていたりと大変な賑わいでした。私ハリーも負けずと写真を撮ったのですが、ブレブレ(笑) 展示車両の様子はニュース記事をチェックしてくださいね。

そんな中で私ハリーが最も注目したクルマはこちら!

tiguan1.jpg

そう、新型ティグアンGTEコンセプトです。路面状況を選ばず荷物もたくさん載せられるのがSUVモデルの醍醐味ですが、この新型ティグアンGTEコンセプトモデルは「エコ」と「スポーツ」を融合したプラグインハイブリッド車なんですよね!

tiguan2.jpgtiguan3.jpg
今回一緒に発表された新型ティグアン(写真右)とティグアンGTE(写真左)を比べてみると......デザインでは、ゴルフGTEでも採用されているC字のLEDライトが未来感あってかっこいいの一言。また、私ハリーのような毎日走行距離が多いドライバーにとっては、プラグインハイブリッドが経済的にも環境的にも一番良いですよね。まずは新型ティグアンの登場を待つことにします!

そしてフォルクスワーゲンオーナー限定のサービスとして、フォルクスワーゲンオーナーズパス会員専用ラウンジが用意されていました。

vop1.jpgvop2.jpg

ここでは、フォルクスワーゲン車のオーナーが入手できる「フォルクスワーゲンオーナーズパス」をラウンジで見せると、なんと無料でドリンクがいただけます。ブース内を歩き回り早くも足が棒になった私ハリーにとって、まさにここはオアシス的な存在。フォルクスワーゲンのマークが入ったマカロンとともに、至福のひと時を過ごさせていただいきました。(マカロンを食べるのには勇気がいりました!)

このように、自分が乗っているクルマメーカーがオーナーに対してサービスしてくれるのは嬉しいですよね! また2年後もフォルクスワーゲンオーナーズパスを持ってラウンジでのんびりしたいです。

さて、ラウンジにて回復したところで、いよいよ他のブースへ! モーターショーはさまざまなクルマ関連メーカーのブースが一堂に会するだけにどこへ行くのか迷うところです。そのなかで私ハリーが面白いと思ったブースをご紹介します。

それは、クルマを作るにあたって欠かすことのできないパーツサプライヤーです。まずはクルマを走らせるのになくてはならないタイヤメーカーへ。

ct2.jpgct5.jpg
こちらは、皆さんご存知の「コンチネンタルタイヤ」のブース。さまざまなタイヤが展示されており、日本初公開のSportContact™ 6も展示されていました。発売したらバリー君に装着できるかな......なんて思いながらブースを見ていたら、原材料がゴム以外のタイヤを見つけました。

ct3.jpgct4.jpg

これは、「未来のタイヤ Taraxagum(タラクザガム)」というもの。タイヤを製造するのに欠かせないゴムの原材料のほとんどはゴムノキから採取されていますが、こちらはなんとタンポポ(ロシアンタンポポ)から採取したといいます。春先に咲いているタンポポがタイヤの原材料のひとつとなるとはビックリ! 近い将来、タンポポからできたタイヤを使用する日もくるかもしれませんね。

もうひとつご紹介するのは「ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェンAG(以下ZF)」です。ZFと聞くとトランスミッションを作る会社とイメージする方も多いかと思いますが、コンセプトカー「アドバンスト・アーバン・ビークル(AUV)」が展示してあったので、覗いてみました。一番ビックリしたのがこちら。

zf1.jpgzf2.jpg
写真左が直進するとき。一方、写真右がステアリングを全開で切った状態です。なんと75°も曲がるんだとか。最小回転半径はなんと約3.25mなんだとか。これだけ曲がると駐車するのも便利だし、狭い路地でも運転が楽になりますよね。一見すぐ実現できそうですが、担当者にお聞きするとホイールハウスを大きくするため色々と解決することがあるそうです。実現したら、駐車場で四苦八苦することも少なくなるかも!?

他にも普段目にすることが無いたくさんの自動車部品を展示していましたので、自動車メーカーだけでなく、愛車に装着されているさまざまなパーツのサプライヤーメーカーのブースを見て回っていたら......まもなく終了との閉館のアナウンスが! 時間切れです。

ほぼ初めてモーターショーに行きましたが、単にクルマを見るだけではなく、クルマを支えるモノづくりも見ることができたので、大満足。2年後が楽しみですね!

さて、次回は納車して気づけば半年経過したバリー君。装着したいパーツが揃ったので、パーツのご紹介をしたいと思います。まずはDIY編。前回のLED交換に続き、何をDIYで装着するかお楽しみに!

【オマケ】

フォルクスワーゲンブースでポロWRC参戦モデルが展示されていましたが......カッコイイ。バリー君の今後のエアロパーツとかその他諸々モディファイパーツでちょっと参考にさせてもらおうとたくらんでいます。

vw5.jpg

vw6.jpgvw7.jpg

(Text & Photos by Harry)

■ 関連記事