情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

【コラード】ちなみにブレーキローターはブレンボです
151120-Corrado Brake-26.jpgひとまずエンジンまわりのリフレッシュが終わったところで、次はブレーキ。気持ちの良い走りには、きっちり止めることも大切ですからね!

(取材協力:maniacsSTADIUM

というわけで、今回用意したのはブレーキローターとブレーキパッド。写真下のブレーキローターはなんとブレンボ製! といっても純正品相当のもので、純正品よりも安いのが魅力です。例によって熊澤メカが、ブレーキローターに錆止め塗装を施してくれました。

一方、ブレーキパッドはダストが少なく、ホイール汚れが大幅に減ると人気の「m+ クリーンブレーキパッド」を装着することにしました。コラードVR6に適合するものがあり助かりました。

151120-Corrado Brake-1.jpg
まずはフロントから。ブレーキローターを見ると......

151120-Corrado Brake-4.jpg151120-Corrado Brake-5.jpg
151120-Corrado Brake-6.jpgブレーキローターの減りがひと目でわかります。縁とブレーキパッドの接触面との段差がこんなにありました。
さっそく用意したブレーキローターとブレーキパッドを装着しました。写真右下、ブレーキパッドの一部が白っぽくなっているのはブレーキの"鳴き"を防止するためのグリースを塗ったからです。こういった細かい配慮が快適なドライブにつながるんですね!

151120-Corrado Brake-8.jpg151120-Corrado Brake-9.jpg
次にリヤ。フロントと異なり、リヤのブレーキローターを交換する場合は、"ハブベアリング"も交換する必要があります(写真右下)。通常、ブレーキローターとは別パーツとしてオーダーします。

151120-Corrado Brake-15.jpg151120-Corrado Brake-14.jpg
作業はキャップを外し、"コッターピン"を外し、アウターベアリングを外し......となかなか面倒です。

151120-Corrado Brake-28.jpg151120-Corrado Brake-29.jpg
リヤのブレーキローターが外れたところで、ハブベアリングのパーツをブレーキローターに組み付けていきます。

151120-Corrado Brake-16.jpg151120-Corrado Brake-31.jpg
151120-Corrado Brake-32.jpg左の写真は外したABSのセンサーを取り付けている様子。このパーツのみ、古いブレーキローターから外して流用します。
ひととおり組み上がったところでリヤのブレーキローターを装着し、アウターベアリングやコッターピン、キャップなどを取り付けていきます。キャップの中に見えるのはグリースです。

151120-Corrado Brake-30.jpg151120-Corrado Brake-18.jpg
そして、ブレーキパッドとキャリパーを装着すれば作業完了です。

151120-Corrado Brake-19.jpg
最後にブレーキフルードを交換します。今回はAte SL6 DOT4を使いました。仕上げにエア抜きをし、タイヤ&ホイールを戻して全作業終了です!

151120-Corrado Brake-21.jpg151120-Corrado Brake-22.jpg
ひとまずこれで、走るための最低限のリフレッシュができたことになりますが、まだまだ課題は山積......。次は何をしようか? 熊澤メカと相談ですね(笑)

151120-Corrado Brake-24.jpg
(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3471

■ 関連記事