情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【試乗記】ゴルフGTIパフォーマンス〜後編
171121-GTI-5.jpgフロントディファレンシャルロックを手に入れて、そのハンドリングにますます磨きがかかったという「ゴルフGTIパフォーマンス」の走りをチェックする。

※前編はこちら

同じゴルフのスポーツモデルでも、「ゴルフGTI」と「ゴルフR」とでは、その性格が明らかに異なる。ハイパワーの2.0 TSIエンジンと4MOTION(=4WD)により、あらゆる状況下で素早い加速と優れたスタビリティを誇るゴルフRに対して、FFのゴルフGTIは、その身軽さを武器に軽快なハンドリングが楽しめるクルマなのだ。

そんなゴルフGTIのキャラクターをさらに際立たせたのが「ゴルフGTIパフォーマンス」である。そのあたりの話は前編で紹介しているので、さっそく走り出すとしよう。

171121-GTI-7.jpg
ノーマルのゴルフGTIに比べて、車両重量が50kg増したゴルフGTIパフォーマンスだが、動き出しはとても軽快。最大トルクが350Nmから370Nmにアップしたこともあり、心なしか低回転域のトルクがより充実した印象だ。わずか1000rpm付近でもスムーズに走らせるだけの柔軟性を持ち、アクセルペダルを深く踏み込むような状況でなければ、ぜいぜい1800rpmも回せば事足りてしまう。7速化によりシフトアップ/ダウンのマナーはさらにスムーズさを増し、街中を穏やかに走るのも容易(たやす)い。

一方、アクセルペダルに載せた右足に力をこめると、3000rpm手前あたりから力強さを増し、トップエンドまでリニアな加速を見せてくれる。このとき、Discover Proの「パフォーマンスモニター」を見ると、高回転域は180kW(245ps)を示していたが、ゴルフGTIパフォーマンスなら、ドライバーがそのハイパワーを手懐けるのは難しいことではない。

マイナーチェンジにともない、しなやかさを増したDCC付きサスペンションのおかげで、19インチタイヤを無難に履きこなすのも良い意味で期待を裏切ってくれた。乗り心地はスポーツモデルとしては十分に快適で、適度にダンピングを効かせたセッティングが、好ましいレベルのフラットさをもたらしてくれる。

171121-GTI-2.jpg
しかし、このクルマの真価は直線ではなく、コーナーで発揮される。もともと軽快なハンドリング性能を誇るゴルフGTIであるが、ゴルフGTIパフォーマンスではコーナー途中の早い段階からアクセルペダルを踏みこんでいっても、確実にトラクションが得られるとともに、クルマが外側に膨らむ、いわゆる"アンダーステア"の動きが軽く、たいていのコーナーでは狙いどおりのラインをトレースすることができる。

"オン・ザ・レール"という言葉をよく耳にするが、ゴルフGTIパフォーマンスのハンドリングはまさにそのお手本のようなものだ。

171121-GTI-6.jpg
そうなるとおのずとコーナリングスピードは上がってくるが、リヤタイヤの接地性が高いおかげで不安定な挙動を見せることはなく、安心してコーナーに挑めるのがゴルフGTIの強みであることに変わりはない。

絶対的なパワーよりも、コーナーをより気持ちよく、素早く駆け抜けたいという人にはまさに打ってつけのゴルフGTIパフォーマンス。そのために失ったものは何も見あたらず、その魅力的な価格設定を考えると、GTIファンはこのクルマを見逃すわけにはいかないだろう。

171121-GTI-4.jpg
(Text by S.Ubukata / Photos by W.Tamura)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3930

■ 関連記事