情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【試乗記】ティグアンTSIハイライン〜前編
170119-Tiguan1-0.jpgフルモデルチェンジにより、精悍なデザインを手に入れた新型「ティグアン」に試乗。まずは"テクノロジーパッケージ"を装着した「ティグアンTSIハイライン」を試す。

2007年のフランクフルトショーで登場したティグアンは、ドイツのSUVマーケットで9年連続のナンバーワンとなるとともに、日本でも輸入コンパクトSUV市場をリードする存在として重要な役割を果たしてきた。これまでに280万台以上が世界で販売され、日本でも約1万5000台がお客さまのもとに届けられている。

その人気モデルがフルモデルチェンジして2代目へと生まれ変わり、日本でも発売になったことは、ニュースでお伝えしたとおりだ。新型は、ゴルフ7やパサート、ゴルフ トゥーラン同様、フォルクスワーゲングループのモジュールコンセプト「MQB」を用いて開発されたモデルである。

170119-Tiguan1-1.jpg
新型ティグアンの概要については前述のニュースをご覧いただくとして、今回試乗したのは先進装備を充実させた「TSIハイライン」。さらに試乗車には、ダイナミックライトアシスト、ヘッドアップディスプレイ、パワーテールゲート、アダプティブシャシーコントロール"DCC"がセットになった「テクノロジーパッケージ」と、「レザー&パノラマルーフパッケージ」が装着されている。

さて、2015年の東京モーターショーでジャパン プレミアを果たしたティグアンだが、鮮やかな"カリビアンブルーメタリック"をまとった試乗車をあらためて眺めると、初代とは打って変わり、ロー&ワイド化したプロポーション、シャープなラインで構成されるボディパネル、水平基調のフロントグリルと薄いヘッドライトなどにより、実にシャープで精悍な印象に仕上がっていた。

ティグアンというモデル名とコンパクトSUVであること以外は、すべて新しくなったといってもいいほどだ。旧型に比べて全長が70mm、全幅が30mm拡大されたボディが、数字以上に大きく見える。

170119-Tiguan1-2.jpg
インテリアも水平基調の直線的なデザインを採用する新型ティグアンだが、そのせいもあって横方向にゆとりが感じられる。それでいて、センタークラスターがドライバーに向けられた、いわゆる"ドライバーオリエンテッド"なコックピットのおかげで、ナビゲーションのモニターが見やすいだけでなく、タイト過ぎず、ユルすぎずという居心地の良い空間に仕上げられているのがうれしい。

このティグアンTSIハイラインでは、液晶メーターの「アクティブインフォ ディスプレイ」が標準装着となる。すでにパサートに搭載されるこのメーター、使ってみると案外見やすいし、表示できる情報が多彩というメリットはあるけれど、アナログという選択肢を残しておいてもよかったのではないだろうか。

170119-Tiguan1-10.jpg
全長が70mm大きくなり、そのぶんがホイールベースの拡大に充てられただけに、リヤシートの余裕はたっぷり。旧型同様、リヤシートにはシートスライドとリクライニング機能が備わり、シートを後ろに下げればゆったり足が組めるほど広い。反対に、一番前でも大人がなんとか座れるスペースが確保されている。

170119-Tiguan1-4.jpg
フロントシートの裏には、リヤの乗員用に格納式のテーブルが用意される。新型ではドリンクホルダーを内蔵。また、テーブルを斜めの角度で固定できるので、タブレット端末などを置くのに便利だ。

170119-Tiguan1-11.jpg
エアコンはリヤの温度調整が可能な3ゾーンタイプ。TSIハイラインではフロントシートに加えてリヤシートにもシートヒーターが備わる。12V電源ソケットはフロント、リヤ、ラゲッジルームに用意。リヤ用のUSB端子は充電だけでなく、"MEDIA-IN"としてスマートフォンの接続にも対応する。

170119-Tiguan1-12.jpg170119-Tiguan1-13.jpg
ラゲッジスペースは、リヤシートを後ろに下げた状態でも、奥行きが80cm以上確保されている。荷物が多いときにはリヤシートを最大18cmスライドすることが可能で、その状態での容量は615L。これは旧型に比べて145Lも広い。

"モビリティタイヤ"を採用するTSIハイラインにはスペアタイヤもパンク補修キットも車載されないので、ラゲッジフロア下も収納スペースとして活用が可能だ。地上から開口部までの高さは70cm弱とSUVとしては低いため、荷物の積み降ろしも楽になった。

170119-Tiguan1-5.jpg
もちろん、リヤシートを倒せば荷室を拡大することが可能。その場合、奥行きは140cm以上になる。さらに助手席を倒せば250cmほどの長尺物を収めることができる。

170119-Tiguan1-7.jpg
リヤシートはラゲッジルーム内のレバーでロックを解除することができるので、操作は簡単。ラゲッジルーム内のAC100Vのソケットは全車に標準装着となる。

170119-Tiguan1-6.jpg170119-Tiguan1-14.jpg
このように、細部にわたって機能性が向上した新型ティグアン。さらに、「Volkswagenオールインセーフティ」に則り、プリクラッシュブレーキシステム"Front Assist"やポストコリジョンブレーキシステム、アダプティブクルーズコントロール"ACC"などを標準装着。TSIハイラインでは、レーンキープアシストシステム"Lane Assist"や渋滞時追従支援システム"Traffic Assist"も搭載され、その商品力を高めたのは確かだ。

そうなると気になるのが新型ティグアンの走りということになるが、それについては後編でお伝えするとしよう。

170119-Tiguan1-3.jpg
(Text by Satoshi Ubukata / Photos by H.Uemura)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3751

■ 関連記事