情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2016年6月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【ミニ試乗記】ゴルフ トゥーランTSI R-Line
160627-Touran R Line-1.jpgフォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」に追加されたR-Lineを試乗。"ハバネロオレンジ"の試乗車、その辛さのほどは?

ニュースでもお伝えしたとおり、フォルクスワーゲンの人気コンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」に新たなグレードが追加された。スポーティな内外装が自慢のR-Lineである。

ティグアンやパサート、そして、ゴルフ ヴァリアントに用意されるR-Lineが、ついにこのゴルフ トゥーランでも手に入るようになったのだが、R-Lineのみで選択可能な"ハバネロオレンジ"(有償オプションカラー)を纏うこともあって、その姿はひときわ目立つ。

160627-Touran R Line-3.jpg
上級モデル「ゴルフ トゥーランTSIハイライン」をベースとするゴルフ トゥーランTSI R-Lineは、1.4 TSI+7速DSGのパワートレインをそのまま受け継ぐ一方、前後バンパーを専用デザインとしたり、フロントドアにR-Line専用のオーナメントを配置するなどして、ハイラインとは異なる雰囲気をつくりあげている。

とくにグロスブラックに塗られた前後バンパーのパーツやサードスカートが、スポーティなだけでなく、上質な印象を与えているのが大きい。

160627-Touran R Line-4.jpg160627-Touran R Line-7.jpg
試乗車は、10スポークのアルミホイールが装着さえていることからもわかるように、オプションの"DCCパッケージ"が装着され、これにともないタイヤ/ホイールサイズが225/45R18+7J×18インチに1インチアップとなっている。

インチアップにより乗り心地の悪化が懸念されたが、フォルクスワーゲンらしい落ち着いた乗り心地を示しながらも、DCCのおかげで一般道から高速道路まで快適な乗り心地を維持。高速道路のフラットな乗り心地も実に好ましいもので、ドライバーはミニバンというよりもステーションワゴンに近い感覚で運転することができる。

1.4 TSIと7速DSGの組み合わせは、2000rpm以下でややのんびりとした印象だが、加速が必要な場面でSモードやマニュアルシフトを活用すれば、周囲の流れに後れを取ることはない。

周囲にあわせて高速道路を走ったときの燃費は17km/L弱と優秀。ストップ&ゴーが続く都内でも11km/L台を示すなど、おおむね満足できるレベルである。

あらためてゴルフ トゥーランに試乗して気になったのが、テールゲートの重さ。大型のテールゲートだけに、開けるのが大変である。ドイツ本国では電動テールゲートが用意されており、ぜひ日本への導入を検討してほしいものだ。

なお、R-Lineでは後席一体型チャイルドシートが標準/オプションともに設定されないのでご注意を。

160627-Touran R Line-6.jpgちなみに、空調パネルに記された「PURE AIR」の文字は、花粉やダストの除去機能に加えて、アレルゲン除去機能を有するフレッシュエアフィルターが装着されていることを示すもの。ハイラインとR-Line、そしてアップグレードパッケージ付きのコンフォートラインが対象となる。
ということで、激辛のイメージとは裏腹に適度にスパイスが効いたR-Lineは、よりスポーティなゴルフ トゥーランを求める人には見逃せないグレードになりそうだ。

160627-Touran R Line-2.jpg
(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3643

■ 関連記事