情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2012年8月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【試乗記】ポロ ブルーGT〜後編
120813-PoloBLGT-11.jpg新エンジン1.4 TSIを積むポロ ブルーGT、クルマとしての総合評価は? 河村康彦さんがレポートする。

前編はこちら


新開発の1.4 TSIエンジンは「GT」の名に恥じない力強い走りのパフォーマンスを味わわせてもくれる。わずか1500rpmから最大トルクを発するという謳い文句のとおり、アクセルペダルを踏み込むとキックダウンに頼らずともしっかりした力感で加速を始めるこのモデルでは、エンジン回転の上昇に伴うパワーの伸び感もなかなか。実際、0-100km/h加速を7.9秒でこなし、最高速も210km/hに達するというから、結構な俊足の持ち主でもあるのだ。

いずれにしても、新しい心臓を手に入れたポロ ブルーGTの動力性能に関しては、「さしあたり、どこにも文句を付ける余地がない」というのが率直な印象。これで1.2 TSI車を大幅に上回る燃費性能も達成しているというのだから、そんなエンジンの出来栄えは、まさに「驚きのレベル」といって過言ではないのだ。

120813-PoloBLGT-07.jpg120813-PoloBLGT-06.jpg
そんなブルーGTは、「既存のTSIグレードとGTIグレードの中間を狙った新設グレード」というのがフォルクスワーゲンの説明。実際、140psという新エンジンが発する最高出力をはじめ、先に述べた加速や最高速のデータも、まさにそうした"中庸"が発表されている。
 
120813-PoloBLGT-04.jpgそうした狙いどころは、ルックスやフットワークの印象にも当てはまる。すなわち、「GTIほど尖ってはいないが、TSIほどファミリーライクにはあらず」というのが、このモデルで感じられるキャラクターということだ。
さすがに、ハニカムメッシュのグリルやタータンチェック柄のシートなど、"GTIのアイコン"と思われるアイテムは採用していないものの、前後バンパーやルーフスポイラー、メーターパネルのデザインやブラック仕上げのルーフ/ピラー・トリムなどは、GTIグレードに準じたもの。また、標準仕様よりも15mmローダウンされたサスペンションや215/40サイズの17インチ・シューズなども、GTIと同様だ。

もっとも、実際にドライブをすると、そのフットワークがもたらす印象はGTIよりも確実にマイルド。素直で軽快かつ適度にスポーティなハンドリング感覚が演じられている一方で、コンフォート性も後席に招いたゲストに決して不快感を与えないしなやかさが確保されているのだ。

かくして、走りが良くて低燃費。さらには、ポロならではの実用性の高さも一切犠牲にしていないこのモデルは、もはや「どこをとっても非の打ち所が見当たらない」と、心底そのように思える仕上がりぶりの持ち主。すでに定評ある既存のポロをベースにかくもブラッシュアップされたこの"ニューモデル"の、日本上陸が何とも待ち遠しい!

120813-PoloBLGT-03.jpg
(Text by Y.Kawamuwa)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/1971

■ 関連記事